×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ピタラス蓼科スノーリゾートスキー場/2010年04月12日更新

ピタラス蓼科スノーリゾートスキー場

________

八ヶ岳連峰の横岳山麓に広がるスキー場はピタラス蓼科スノーリゾートスキー場です。 ゲレンデベースの標高は1760mで、ゲレンデトップの標高は2240mもあり、大変高所に位置するスキー場であるといえます。 標高が高いため当然雪質はよく、樹氷なども楽しむことができるスキー場となっています。 ゲレンデベースとゲレンデトップはロープウェイで結ばれており、そのロープウェイの山頂駅の前には「坪庭自然公園」があります。 坪庭自然公園は冬でも歩くことができ、約40分で一周できることから、スキーやボードを脱いで散策する人もいます。 標高2240mで雪山散策を楽しんでみてはどうでしょうか。 ロープウェイの山頂駅から樹氷コース、カモシカコースを経由してゲレンデベースまで滑れば全長4000mのロング滑走を楽しむことができます。 樹上コースはロープウェイの山頂コースから始まる林間コースで、コースの両側には神秘的な美しい樹氷が広がっています。 樹氷コースからはヒョウタンコースに滑り込むことができます。 ヒョウタンコースは上級者専用のコースとなっており、最大斜度32度もある急斜面となっています。 ヒョウタンコースは別名「熊ころがしコース」とも呼ばれているほどの難コースとなっているため、自信のない人は入り込まないほうがいいでしょう。 ゲレンデの下部には白樺コースがります。 白樺コースは平均斜度13度の適度な中斜面で、幅が広いコースとなっていますので初級者でも全長1000mの滑走を楽しむことができます。
┌┐
└<>
NTTFLETS光申\込
ヤフーインターネット回線開設
博多でメル友作るには?
イイコイSNS
eモバ携帯端末について

┌┐
└<>

(C)ピタラス蓼科スノーリゾートスキー場